先生紹介| わたしの街の先生「ボーンマス校」‐ジョージア先生

ボーンマス(Bournemouth)・イングランド南部ドーセットの南海岸に位置する都市は、夏になるとたくさんの観光客で人が賑わう街です。今日は、ここイギリス・ボーンマスにあるセンターから、その熱い指導力で定評あるジョージア先生のオンライン授業にまつわるアドバイスをお届けします。

Georgia Papamichailidou

■パワフル!で確かな指導力のジョージア先生(ボーンマス校)

ではまず、自己紹介と、Kaplan International Languageで働いてどれくらいになるのか教えてください。

 Dà jiā hǎo!ダージホ!)私はジョージア・パパミチャイリドゥです。(私の名前、みなさんは読めましたか?)

私はここ、ボーンマスにある「カプラン インターナショナル ランゲージ」で働いて5年になります。生徒のみなさんをサポートする「スタディ・アシスタントディレクター」を務め、またIELTSのクラスを教えています。現在は、対面式授業かからオンラインに移行して以来、「K+LIVE Express」のレッスン・中級レベルの学生に指導し、生徒のみなさんの語学力の向上に努めています。

プライベートでは、そうですね、本を読むのが大好きです。ビーチでゆっくりと散歩をするのも好きですし、いまはちょっと新型インフルエンザの影響で叶わないので、最近は木炭画デッサンを始めました。

 

―現在は対面式レッスンから、オンラインレッスンに一時的に移行していますが、それについてどう思いますか?

 間違いなく、対面式授業が切り替わり、オンライン上で教えることは新たな挑戦になっています!特に教師として、新しい教育プラットフォームにすばやく適応し、オンラインスタイルに合わせて教授法を変えていった点ですよね。

ある意味、この新しい変化は教育に革命をもたらしましたとおもいます。生徒の理解力を高めるために、教師同士がサポートし合い、アイデアの共有をしてきました。より創造的になるだけでなく、生徒とオンライン上でコミュニケーションをとることも、未知の世界でした。ただ正直にいうと、対面式授業の教室で生徒たちが懸命に学び、努力し、楽しんでいるの姿を恋しく思うこともありますね。

 

現在、オンラインで自宅から学ぶ生徒さんにいくつかアドバイスはありますか?

そうですね、オンライン学習体を実りあるものにするには次の4つを提案したいと思います。

 

1.快適な学習スペースを確保する

まず、勉強するにはベッドやソファから離れたスペースを作りましょう。集中力も持続しますし、なによりも効果的です。あとは、小さな観葉植物も出来たら。あなたを落ち着かせてくれますよ。

 

2.1つのこと(授業)に集中する

ルーチンをマルチタスク化し、デジタル化しすぎると疲れが増し、効率も悪くなります。。だから、あなたは自分の授業に100%集中してくださいね。

 

3.授業中のカメラはオン!にしよう!

(オンライン授業で)教師やクラスメートはあなたとコミュニケーションを取りたいとおもってます。なのでカメラ設定を「オン」にすると、遠隔学習もより楽しくなります。

 

4.社会と繋がりつづけよう!

家で学ぶことも素晴らしい。けれど、これはあなたの人生のほんの1つの章に過ぎません!学校の社会活動、アクティビティに参加して、学校が提供するすべてのものを楽しんでください!ポジティブであり続けましょうね!

 

取材を終えて

みなさんは、日々どんな学習方法でご自身のスキルの向上を図っていますか?オンラインもオフラインもさまざまな勉強方法が台頭し、選択するにも一苦労ですね!カプランでは、新しくオンライン授業として「バーチャル留学」サービスがスタートしました。ジョージア先生や、たくさんの教師が熱心に今日も授業を世界からお届します。

さぁ、次は、また別の都市で指導にあたる先生をご紹介します!お楽しみに!

もし、いますぐ留学できなくても、オンラインからチャレンジしてみたい!試してみたい!という方は、英語+αの魅力を余すことなく現地のライブ授業で体験できる「カプラン・バーチャル留学」(リンク)がおすすめです。

お問い合わせはこちらから!

シェアする