Welcoming “Changes”「変化」を受け入れる

緊張感・柔軟性・気づきこそが、コミュニケーション能力を次のレベルへと引き上げてくれる鍵

Tension and flex and awareness are key to bring your communication ability to the next level

 

日本人は英語に体当たりしないな、と思います。相手が理解しなかったらどうしよう。間違えるぐらいなら、黙っておいたほうが良い。完璧な文章でないと恥ずかしい。ついつい体裁を気にしてしまうためではないでしょうか。自分にこのような高いハードルを設けることにより、英語で話すことにさらなる壁を作ってしまう。また、他人にも同じようなハードルを設け、無意識に他者の英語力を診断してしまうという結果にもなります。躊躇心から自己防衛のための壁をぐるりと張り巡らし、せっかくの出会いの機会を知らず知らずのうちに逃してしまうことになりかねません。

I have found that Japanese people tend to avoid taking risks when it comes to using English. What if people don’t understand me, I would rather be quiet than make mistakes, it’s embarrassing to use imperfect sentences. Keeping up appearances in front of unfamiliar faces is a default. We set such high expectations of ourselves, and hesitation in speaking English becomes an extra barrier. Ironically, we have the same expectations of others and unconsciously judge their standard of language. By building this defensive wall of hesitancy around us, we unknowingly miss opportunities for great encounters.

 

短期・長期に関わらず、留学により変わっていく留学生の姿を幾人となく見てきました。日本で同じような環境にどっぷり浸かっていると、劇的な変化というのはなかなか経験しようと思っても出来ないものです。思い切って外の世界に足を踏み出すと、変化は自ずから訪れます。新しい環境が自分を変えてくれます。どこの空港も似たり寄ったりですが、初めての国ではやはり少し気を張ります。出口とトランジットの列を間違えていないか、イミグレーションのサインを見逃していないか、オフィサーに変な質問をされないか、滞在先までの経路は合っているか。慣れた職場へなら、半分寝ぼけながらでも複雑な乗り換えを駆使しながら行けてしまうのに。知らない土地では、些細な違いに対して神経を研ぎ澄ませて過ごすことになります。行為のひとつひとつ、発する言葉の一語一語、相手の微妙なボディーランゲージに至るまで。そしてこの緊張感・柔軟性・気づきこそが、コミュニケーション能力を次のレベルへと引き上げてくれる鍵なのです。

I have seen countless students transformed after study abroad regardless of the length of stay. You rarely encounter things drastically different or new when you carry on your routine life in Japan. Changes come the moment you set your foot in foreign lands. The new environment will not let you remain as you are. Even though the airports around the world look relatively the same, my body tenses slightly when I travel to a new country. Am I in the correct exit queue, not transit? Have I missed the immigration sign? I hope that the officers won’t ask me strange questions. Do I know the route to my accommodation? If this is your daily commute, you can get by the most complicated metro transfers leaving half of your brain in autopilot. Unknown territory gives you a constant element of difference that makes you flex your mental muscles – your awareness level is switched to capture motions, words and subtle body language. This tension and flex and awareness are key to bring your communication ability to the next level.

 

次回の記事で、
日本人留学生が持つ「英語力のアドバンテージ」と英語でのコミュニケーションの時に陥りやすい罠についてお話します。

 

著者プロフィール

Satoko Churchill

立即分享
Related Posts